Health

紅茶とハーブでつくる甘い香りのアクセント

紅茶やハーブティーを楽しんでいる時、何か今一つ物足りないと感じる事はありませんか?いつもは、そのままでも美味しいのに、その日に限って物足りない気持ちになった時、ハーブを少し後から加えてみると驚くほど気持ちも味覚も喜んでくれる事があります。

紅茶とハーブでアレンジする時間

美味しい紅茶はそれだけで、フルーティーな香りがしてとても美味しいです。しかし紅茶によっては何か今一つ物足りなさを感じたり、強い香りを欲する時があります。そんな時、紅茶にハーブを加える事で驚くほど香りの高い豊潤な紅茶を作り出す事ができます。そんなハーブと紅茶のブレンドにはどのような組み合わせがあるでしょう。

アッサムとブレンドするのにおすすめなハーブ

濃厚な甘みのあるアッサムはハーブとブレンドがしやすくおすすめの紅茶です。そんなアッサムには、カモミールやカルダモンなどの甘い香りのハーブがよく合います。ミルクを加えてミルクティーにしたりしてもとても美味しいのでおすすめの組み合わせです。ダマスクローズやジャスミンの甘い香りもアッサムは素敵に包み込んでくれますよ。

ダージリンにおすすめなハーブ

ファーストフラッシュのダージリンはそれだけで爽やかなフルーティーさがありますが、さらに香りを楽しみたい時はコーンフラワーなどの柔らかい香りのハーブをブレンドするのがおすすめです。セカンドフラッシュダージリンでも、香りと甘みにコーンフラワーの華やかさが加わり、より素敵な時間を演出してくれると思います。

アールグレイとハーブティー

アールグレイは、もともとベルガモットのフレーバーが施されていて香りがよよいですが、ここにローズペタルやレモングラスを加えても甘いアクセントが加わり素敵な時間を過ごす事ができます。

紅茶にハーブを入れるタイミング

紅茶とハーブはとても相性がいいですが、ハーブと紅茶の両方の美味しさを楽しもうと思うとそのタイミングが重要です。ジャスミンやレモングラスは長く入れる事でより美味しさが際立つので、最初から加えるといいですが、ふんわりと香る、コーンフラワーやローズ、カモミールなどは最後に少し浮かべてから飲むとより独立した香りを感じやすくなると思います。

ハーブと紅茶の香りが甘い時間を運びますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です