precious time

自分も人も傷つけない言葉

言葉に傷つけられたり、言葉で人を傷つけてしまった経験はありませんか?繊細な心を持っている人ほど、この言葉に敏感で、言葉に縛られてしまう事さえあります。では、どうして人は傷つける言葉を選んでしまうのでしょうか。

心のない言葉を言ってしまう心理

言葉は人の心を深く傷つけたり、苦しみの中に縛りつけてしまうほど強い力を持っています。それなのに、人がそんな言葉を言ってしまうのには、いくつかの理由があります。それは、自分自身の自信の無さの現れであったり、人よりも優位に立ちたいと思うプライドが関係していたりと、自分の気持ちが楽になる為に相手に辛い言葉をかけてしまう心理が働くんです。特に余裕がない時にこのような言葉が現れやすく、言葉を放った後に酷いことを言ってしまったと、後悔する事もあります。自分が酷いことを言ってしまったとわかっている間は、そうならないように変える事できるので、余裕がある生活を心がけてみてください。そして、もし人を傷つけて自分を安心させたいと心のどこかで思っている人は、その辛さが自分に返ってこないように気をつけてみてください。

心のない一言に傷つかない方法

それでも、人の言葉に苦しめられてしまう事はあります。そんなときは、相手が自分よりも強い存在だと思わない事が重要です。辛い言葉をかけてくる人は、その人自信が本当は自信がなかったり、何かに苦しんでいる事が多いです。その人のことを少し理解することで、辛い言葉が気にならなくなる事がありますよ。もしそれでも、辛い気持ちになってしまったら、その人とは距離をとるようにしてみてください。嫌なことを続けて時間を浪費するより、もっと有意義な時間の使い方があるはずです。そんな時間を取れるよな楽しい気持ちが気持ちを明るくしてくれますよ。

自分も他人も傷つけない言葉

人を傷つけてしまう言葉を使ってしまう時は、きっと自分自身に余裕や自信がありません。余裕のある時間を作り出す努力をすると心が楽になる事があります。きっと、その時間があると言葉を選んで話せるようになると思います。その余裕の中で、人が喜ぶ言葉を見つける事ができたら、自分も周りも幸せになるはずです

もし、余裕が持てなくなったらハーブティーや紅茶で一息つくのがおすすめです。もし、その時間も取れないようだと、気持ちはすでに極限まで疲れてしまっていると思います。そんなときは、その状態から逃れる手段を探してみてください。

余裕から生まれる言葉が気持ちを癒しますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です