Herbal Tea

ハーブを入れる水と美味しくなる温度

ハーブティーを抽出するとき、どんな水を使ってどんな温度にするのが正しいのか迷ってしまう事ってありませんか?お茶やコーヒーと同様にハーブも抽出する水の種類や温度によって味が変化します。では、ハーブを抽出する水や温度はどのようなものがいいのでしょうか。

ハーブを抽出する水

お茶を抽出する場合も同様ですが、ミネラル分が多いミネラルウォーターはハーブティーを入れるのには向きません。ミネラル分が多いとハーブの味や抽出にも影響が出るので、一番理想なのは、濾過した水道水を沸騰させる事です。地域によっては、濾過しなくても匂いの少ない水道水もあるので、一度水道水で試してみて、気にならなければそのまま沸騰して使用しても構いません。

ハーブやお茶を抽出する温度

一般的に、お茶の種類によってお湯の温度を変えるとそれぞれの美味しさを引き出すことができます。緑茶などの柔らかい葉は、75度くらいのお湯を使うのがおすすめですし、白茶などは80度、紅茶や烏龍茶などは、95度から98度くらいのものを使うと良いとされています。特に紅茶は沸騰直前の温度で入れる事で、ジャンピングをして香りが引き立ちます。

ハーブは、成分だけを見るのであれば98度くらいの高めの温度で入れるのがおすすめですが、程よい甘味や美味しさを加味するのであれば90度くらいで入れてみてください。美味しいハーブティーになると思います。

温度の違いがわかるハーブティー

もし温度の違いを感じたい場合は、薔薇やペパーミントを使ってハーブティーを入れてみてください。温度や抽出時間を変えるだけで香りや味に変化があって楽しいと思います。時間や少しの手間で驚くほど美味しいハーブティーに出会えますよ。

水とその温度が美味しいハーブティーを届けてくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です