不眠と香りとハーブティー

あなたには心地よい香りというものがありますか?実は同じ香りでも良い香りと感じる人とそうでない人がいます。この感じる香りの違いはとても重要で、良い香りと感じるものを適切な時間に嗅ぐ事でリラックス効果を得られる事があります。特に、緊張が続いて不眠傾向にある方にとって、落ち着く香りはとても重要です。

不眠と香り

不眠には様々な原因がありますが、特にストレスや痛みなど肉体的や精神的苦痛が大きく関わっています。このストレスによる刺激が、脳を活発な状態にしてしまい、眠る事ができなくなってしまいます。本来であれば、何も考えずリラックスできるはずなのに、不安や考えが頭を巡る事で睡眠がとりにくくなります。

この状況を改善する為には、緊張を解き、脳を休ませる必要があります。しかし、不安が多い時ほど簡単にはいきませんよね。そんな時は、意識と気持ちをずらす為に、香りを使ってみてはいかがでしょうか。自分が良い香りと思うものを睡眠時に取り入れることで、リラックスすることができ眠りやすくなるはずです。

香りと記憶

眠れない時、多くの人は不安なことが脳内を巡って、どんどん脳が活性化してしまいます。その状態から逃れる為には、この不安から上手く逃れる事が重要です。そんな時は、五感に頼るのがおすすめです。香りはそんな五感の中でも脳を調整するのに役立ちます。特に、記憶の中にある落ち着く香りを取り入れてみてください。いい香りは人によってばらばらですが、良い記憶を呼び起こす香りは、気分を安定させてくれますよ。

落ち着く時間を記憶するティータイム

もし、そんな香りがないとしたら、そんな香りを自分で作ることも可能です。今現在良い香りと感じる飲み物を飲みながら、落ち着くことを習慣付けると、その香りは記憶の中でリラックスタイムと関連付けられます。そうすると、この香りを嗅いだ時が落ち着く時間というようにインプットされるんです。ラベンダーやミント、キンモクセイにローズなど香りが良いものをティータイムに取りいれることで気分を落ち着けるトリガーが出来上がるはずです。

匂いで落ち着く時間ができますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です