緑茶とハーブのブレンドを楽しむ方法

ハーブティーというとどんなイメージがありますか?植物の香りや味が強い飲み物を想像する方も多いと思いますが、実はハーブには様々な楽しみ方があります。中でも、緑茶や紅茶などのチャノキを使用したものとのブレンドは、とても馴染み深く飲みやすく感じる方が多いです。

ティー(茶)とハーブの違い

緑茶や紅茶などの植物は英語でTea(ティー)と表現され、Herb(ハーブ)とは分けられています。このTeaは、チャノキ(カメリアシネンシス)という植物から作られる飲み物の総称で、他のハーブとは区別されています。この事からも、人々にとってTea(お茶)という飲み物がいかに特別だったかがわかります。一方ハーブは、チャノキ以外の様々な植物の葉や花、果実、種子、根などを使うものとされています。

緑茶とハーブ

区別されているTeaとHerbですが、これらをブレンドする事でより奥行きのある飲み物を作り出す事ができます。

緑茶や紅茶は、産地や加工方法、火の入れ具合などで全く異なる味がするとても、特別な飲み物です。それだけでも、とても美味しいのでまずは、そのまま楽しんでみる事をお勧めしますが、ハーブとのブレンドで、味や香りに奥行きやハーブの持っている成分が足される事で、満足感を得る事ができるようになります。

緑茶とハーブのブレンドの仕方

ハーブにはそれぞれ特徴的な味や香り、効能があります。どの部分を重要視するかによってブレンドの仕方は変わってきます。

まずブレンドする時は緑茶の香りや美味しさを消してしまわない事に注意してみてください。最初はあまりにも緑茶とかけ離れた香りや味のハーブを選ばず、優しい味や香りの花やリーフ系のハーブを選ぶと美味しくなります。また、緑茶とハーブの香りに差がありすぎるときは、中間の繋ぎのようなハーブを加える事をお勧めします。リーフ系のハーブは、この中間になるものが多いので、少量加えてみると味が安定する事が多いと思います。産地や加工方法の違うお茶とハーブの組み合わせを楽しんでみてください。

緑茶とハーブのブレンドで優しい時間が流れますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です