Health

『失敗はしてもいい』と思うべき理由

「失敗なんかしたくない」とほとんどの人が思っているのではないでしょうか?しかし、私たちは失敗を恐れて何もしないよりも、失敗を通して成長する事がたくさんあります。そんな時「失敗してもいい」という言葉はとても役に立つと思います。

失敗を恐れる理由

人が失敗を恐れるのは、失敗に慣れていない事が原因です。成功体験をしすぎると、私たちは自分が成功をし続けないといけないと思い込んでしまいます。そんな失敗をしない生活を繰り返していると、リスクのないことばかりを選ぶようになり、失敗をする事がどんどん怖くなってしまいます。実はこの状況が、一番ストレスがたまりやすく、急に思いがけないところで失敗をしてしまうと、立ち直れない事があります。

失敗から学ぶこと

失敗はしてもいいですが、何事も適当にやってもいいというわけではありません。適当にすると、その失敗から学ぶことはありません。本気でぶつかった失敗だからこそ、次につなげる事ができるんです。そんな、本気でやった失敗からは必ず何か得るものがあります。その事をよく覚えておくと、同じ危機的な状況に陥ったとき、その状況を早く解決できるようになります。そんな役にたつ失敗が増えていくと、自分がすごく成長していくのがわかるとおもいます。

失敗してもいい気持ち

自分がやりたい事に向かってどんどん進む中では、失敗はとても役立つものです。きっと、失敗をすればするほどストレスはたまりにくくなっていき、精神状態が安定してくると思います。そんな「失敗してもいい』と思う気持ちをもって、その失敗を楽しみながら克服することで、きっと強い心を持つ事ができるようになります。日本で生活していて、なかなか死に直面するほどの失敗というのは多くありません。なので、過剰に失敗しないようにふるまうよりも、失敗してもいいと思うことで、より気持ちが楽になっていくはずです。

失敗してもいいと思えるようになりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です