Herbal Tea

レモングラスとパンダンリーフの楽しみ方

レモングラスとパンダンリーフという組み合わせをタイでよく見かけますが、なかなか日本で目にする機会は少ないですよね。では、レモングラスとパンダンリーフとは一体どのような植物で、どのように美味しく楽しむことができるのでしょうか。

レモングラスとは

レモングラスという名前はほとんどの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。レモングラスは、イネ科の多年草で、シトラールやシトロネラールなどの精油成分が多い事からレモンの香りのするハーブとして知られています。胃の機能の活性化や抗菌の目的で古くからインドや東南アジアなどの地域で薬草や料理に使われてきました。タイでは柔らかい根元の部分を料理や、飲み物として利用することがあります。生のレモングラスは香りもすっきりとしているので、もし手に入る機会があればぜひ料理や飲み物として楽しんでみてください。

名前の多いパンダンリーフ

パンダンリーフは、各国で様々な呼び名があります。日本ではあまり馴染みがないですが、日本名はニオイタコノキと呼ばれ、特徴的な甘い香りを持っています。香りには好き嫌いがあるので、一度試してみるといいかもしれませんが、東南アジアではお菓子などの香り付に使われるほど一般的な植物です。タイでは『バイトゥーイ』などと呼ばれ、多くの地域で利用される植物です。

レモングラスとパンダンリーフ

タイでは、このレモングラスとパンダンリーフを組み合わせて飲むことがあります。もし手に入れば生のレモングラスの根元の部分とパンダンリーフを揃え、大きめに切り、ジンジャーやラスライスライムと共にお湯で長めに煮込みます、ここにハチミツを加えると、エスニックで甘い飲み物を作ることができますよ。香りは特徴的なので、好き嫌いが別れるかもしれませんが、パンダンリーフとレモングラスを見つけたら一度試してみるのもおすすめです。ドライのものでこの二種類をブレンドして飲むのも、すっきりと甘い香りがするので、飲みやすいと思います。

エスニックな香りが楽しい時間を運びますように

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です