Health

神経痛と冬の過ごし方

冬になると、なんだか体が痛くなったり体の痺れが気になるという方はいませんか?そんな時、体の神経が圧迫され痛みを感じるのが原因かもしれません。人によって程度は違いますが、痛みに悩まされるのは嫌ですよね。では、この神経痛とはどのようなものでしょうか。

神経痛とは

神経痛は、脊髄から出ている末梢神経が圧迫されたり、刺激を受けることが原因でおこります。特に年齢を重ねるごとに神経の通り道は狭くなり、圧迫されることで痛みを感じる場合があります。特に冬は神経が圧迫されやすく、血流も滞りやすいので痛みを感じやすいと言われています。中でも「坐骨神経」や「肋間神経』などの部位に神経痛は現れやすく、鋭い痛みや痺れから体に負荷がかかりやすいです。また、これらの神経痛はストレスなどとも深い関係があり、ストレスを感じる事で神経が過敏になり、痛みがますなどの負の連鎖が生まれることもあります。

神経痛から体を守る方法

冬は寒さによる血流の停滞や、運動不足が原因で痛みが増す事があります。そんな時は、なるべく体を動かす習慣を作る事が重要です。寒くなり、体を動かさない事が、痛みを感じる物質を体の一部に留まらせ、痛みをうむことがあります。そんな時は痛い部分を、ゆっくりと摩擦したり、マッサージを取り入れる事が重要です。とくに、マッサージオイルや、暖かいタオルをもちいて痛い部分をさすると、痛みが和らぎますよ。また、普段あまり動かさない部分や、肩を上げて下げる運動などをするのも効果的です。特に、寒いと体は縮こまりやすいので、体を広げる向に動くのがおすすめです。

神経痛とハーブティー

もし、ハーブティーとして飲むのなら、セントジョーンズワートやパッションフラワーにサフラワー などを加えて飲むのもおすすめです。これだけでは飲みにくく感じてしまう場合は、カモミールを加えてみると少し飲みやすくなると多います。もし、精油を用いるなら、ラベンダーをオイルに加えマッサージオイルとして利用するのもおすすめです。

寒い冬の神経痛から体を守れますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です