Health

眠くてだるいが続く理由

眠さと倦怠感が体から離れない、そんな症状に悩んでいる方はいませんか?昔はそんな事はなかったのに、集中もできないし、記憶力も落ちるので、何かの病気ではないかと不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。その原因は一体なんでしょう。

眠いとだるいが続く理由

休みの日にしっかりと休んだはずなのに、いざ仕事が始まる朝になると眠くて仕方がない。そんな事が続くと辛いですよね。眠気やだるさが続く時、体か脳は、かなり疲れた状態になっています。体だけが疲れている場合は、休みをしっかり取れば改善しますが、多くの場合、眠気やだるさは脳や心が疲れていることに起因しています。

心と脳の疲れとは

人は不安やストレスが続くと、その状態をどうにかして改善しようと、不安を考えにくい体に変化しようとします。その過程で、眠気やだるさが現れることがあります。もし、気づかないうちに眠さやだるさが現れてきたら、注意が必要です。それは体が教えてくれている危険信号かもしれません。また、好きなことや目標がなくなっているときも、眠さやだるさが現れる事があります。好きなことに没頭している時は眠くなりにくいように、目標が見つかると眠さとだるさから解放されるかもしれませんよ。

過度な眠気

自分ではどうしても制御できない眠気も存在します。食事中や散歩中など本来は眠るはずがない時に寝てしまう時はナルコレプシーなどの睡眠発作がおこっているかもしれません。発作のように起こる眠気は注意が必要なので、このような場合は医療機関を受診するのがいいでしょう。

眠気とハーブティー

もし、眠気を打破して集中していとき、ハーブティーを入れるのがおすすめです。ペパーミントやローズマリーのような体をうまく動かしてくれるハーブティーを自分で入れてハーブ ティーとして楽しむのは、眠気がひどい時にはとても役立つと思います。

眠気のないすっきりとした毎日が続きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です