足下が冷えると体が暖まらない理由

暖房の効いている部屋にいるのになぜか体が暖まらないという経験をした事はありませんか?室温自体は暖かいはずなのに、体が冷えていくのってなんだか不思議な気がしますよね。その原因は足元の冷えが原因かもしれません。

足下が冷えると体が暖まらない理由

冬になると、暖房をつけて体を温めようとする事が多いとおもいますが、体が暖まらない方も多いのではないでしょうか。それは、暖房器具によっては足下が暖かくならないのが原因です。足には、重要な血管や血液が多く流れているので、温度の影響を受けやすくなっています。この下半身の冷えは、体の芯を冷やし体全体の冷えにつながります。そのため、体が冷えているときは、足を温めて、体の芯を冷やさないようにする事が冷えから体を守ることにつながります。

足を温める効果

もし、近くに石油ストーブや、足下を温めるものがあれば、その場所に近づくだけで体の冷えから体を守る事ができます。もし、座りっぱなしの仕事であれば、体を動かすことも効果的ですが、それが難しいようであれば、暖かい靴下や足首を冷やさないような、フットウォーマーなどを用意するのもおすすめです。足元を暖かくするだけで、体の冷えが改善することがありますよ。さらに、足を温めると同時に体が温まるような飲み物を飲むのも効果的です。

温まる時間

足元を冷やしてしまったあとに、急に気温が上がるとしもやけになる可能性が高まるので、そんな寒い日は朝から足元を温める必要があります。そして、火の入ったジンジャーを加えたハーブティーで体を温めてみてはいかがでしょう。それだけで、今まで辛かった冷えから体を守る事ができますよ。

足元から暖かい毎日が始まりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です