Health

季節の変わり目に喉が痛くなる理由

季節の変わり目になると決まって喉が痛くなるいう人はいませんか?ではどうして季節の変わり目になると喉が痛くなってしまうのでしょうか。特にこの時期は喉が痛くなると、すごく心配になってしまいますよね。

季節の変わり目に喉が痛くなる理由

季節の変わり目というのは、気温差が激しい季節になります。夜にのどの違和感を感じて、朝なったら喉のイガイガがひどくなる方も多いのではないでしょうか。

この季節は気温差に体を適応しようとする事で、自律神経が崩れやすくなります。そうすると、体の免疫機能が崩れ、細菌やウィルス、アレルギー物質などが体内に入りやすくなります。一度、細菌やウィルスが体に入ってしまうと、体は炎症を起こして異物と戦おうとします。これが、喉が痛くなる原因です。

喉が痛くなるメカニズムとその対処

なぜウイルスや細菌が入ってくると喉が痛くなるのか不思議に思いませんか?

その原因は、体に異物が入ってくる事で、体の免疫機能が働き始めるためです。まず、体内に細菌やウィルスが入ってくると組織を攻撃します。体はその異物を倒そうと免疫機能を活性化し、化学物質(サイトカイン)を放出する事で血管を広げます。血管が広がると異物を倒してくれる白血球を呼び寄せてくれるのですが、血管が拡張される事で血液が血管の外に出て、腫れや発赤が現れます。また、サイトカインや白血球は組織を攻撃するので、炎症や痒み、イガイガ感を生み出します。

これらは体を守る仕組みなのですが、短期的にみるととても不快な時間となってしまいます。

そんな、炎症反応を最低限に止めるためには、病原体が入ってきてすぐに対処するのが有効です。それはイガイガ感などとして現れるので、この喉の不快感を感じているうちに対処すれば重症化は防ぐ事ができます。一旦組織が壊れ炎症反応が起こってしまうと、連鎖的に炎症反応はひどくなるので、喉の炎症が重症化する前に炎症を鎮めるのが重要です。

喉を守る水分補給

喉を守るためには、乾燥から体を守る事が重要です。ある程度喉が保湿されていれば、病原体は喉に止まらず、胃に流されて殺菌されます。しかし、保湿が保たれていなかったり、炎症が起こってしまうとすぐに喉は炎症を起こしてしまいます。そんな喉を守るためには、植物の力が有効な事があります。特に、リコリスやエルダーフラワー、カモミールなどはそんな時におすすめのハーブです。

喉が痛くない安心できる日が続きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です