Health

消化器を健康に保つことの重要性

夏の終わりになって、なんだかお腹の調子が悪いと感じたことはありませんか?消化機能がうまく働いていないような気がして、お腹が重く、ときに痛くなったりすると、すごく不安になりますよね。そんなとき、胃腸の調子を整えるにはどうしたら良いのでしょうか。

健康維持に重要な消化機能

お腹の調子が悪く、何かものを食べても胃が痛くなったり、胃腸が重くなると、気分もどんよりして楽しい気持ちになりにくくなってしまいます。特に季節の変わり目になると、自律神経のバランスが崩れ、精神的にも身体的にも体は不調を感じやすくなります。特に、胃腸はその影響を受けやすく、自律神経が崩れているときに暴飲暴食をしたりすると、瞬く間に体調を崩してしまいます。さらに、崩れた胃腸は精神状態にも影響を及ぼすので、こうなると負の連鎖に陥ってしまいます。

消化機能が崩れたときにできること

消化機能が崩れ、胃酸が多くなったり、消化管の働きが弱まると、多くの方は制酸剤を飲んだり、緩下剤で調子を整えようとします。しかし、このような対処療法ではなかなか根本的なものは解決せず、うまく回復しない事があります。胃腸を崩している原因は人それぞれであり、うまくその人にあった選択をするのが、調子を整えるためには重要です。

例えば、胃腸がうまく動いていない人には、胃腸が動くようになる選択をするべきですし、もしかしたらその不調は、胃腸自体の問題ではなく、精神状態が関係していることもあります。そんな、原因を突き止め、うまく胃腸が働くようにしてあげると、楽になる事がありますよ。解決方法は、一つではなく、多くの選択ができるので、不安になりすぎず、いろいろ試してみるのも良いと思います。

消化機能とハーブ

昔から、世界各国で体調を崩しやすい時は季節にあった食材を食事に取り入れ、体調を整えるために重要であるとされました。ハーブも、食事やハーブティーとして、弱った胃腸を整えるときに使用されたり、ガス抜きなどとして使用されることもありました。ハーブは食事に使用しても美味しく、何より季節にあった食事は美味しく感じる事が多いです。現代では、どんな食材も簡単に取り入れられてしまいますが、その季節にあった食事を毎日少しづつ取り入れてみてはいかがでしょう。きっと体調を整えるきっかけをくれると思います。

健康と感じる時間が増えますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です