Health

体の機能を整える鼻呼吸

鼻で呼吸しているか口で呼吸しているかを意識したことはありますか?実は日本人の多くは、鼻呼吸ではなく口呼吸をしている事が多いんです。しかし、本来は口呼吸をするより、鼻呼吸をした方が生物にとっての利点は多く、口で呼吸することによって様々な問題が出てきてしまう事があるんです。

口呼吸と鼻呼吸

口呼吸と鼻呼吸の違いですが、その違いはわかりやすく、口で呼吸しているか鼻で呼吸しているかです。例えば、気づくと口が開いていたり、唇が乾燥している人は多くの場合、口呼吸が習慣になってしまっています。

人間の体は本来鼻で呼吸するような構造になっていて、鼻で呼吸する事で体調を守る事ができます。その為、口呼吸になってしまっていると気づいた人は鼻呼吸に変えると体の機能をうまく使う事ができるようになります。

鼻呼吸のメリット

鼻呼吸をすると、自分の体の機能を守る力がより強くなります。例えば、鼻で空気を取り込んだとき、鼻はフィルターの役割を果たし、細菌やほこりなどの遺物の侵入を防ぎます。さらに鼻に入った空気は一度温められ、湿度を帯びるので肺への負担を減らし、異物に対する何重ものバリアをはる事によって、体を外敵から守ってくれます。

一方で、口呼吸をした空気は、冷たく乾燥していて細菌などの異物を簡単に体内に侵入させてしまうので、多くの場合とても無防備になって免疫機能もうまく働きません。さらに、口呼吸は口腔内が乾燥しやすいので、虫歯や口臭の原因を作ってしまいます。

人は、鼻呼吸をすると呼吸抵抗を受けやすく、少し息苦しく感じてしまう為、口呼吸を使ってしまう傾向にあります。しかし、口で呼吸すると効率的に取り入れる事ができず結果的に鼻で呼吸するよりも、肺をうまく動かす事ができなくなってしまいます。そうすると肺の機能も衰えやすくなり、結果的に肺の力を弱めてしまいます。歳を重ねるごとに、肺の機能は弱まりやすいので、鼻呼吸で肺の機能を維持することはとても重要です。

鼻呼吸で整う体

鼻呼吸は、人の体を動かす上でとても重要な役割を担っています。鼻で呼吸をすると免疫力や代謝が高まり、健康的な体を作る事ができるんです。もし、朝起きて喉がイガイガする事が多かったり、不調が現れやすい体になっている時は、鼻呼吸をするように心がけてみてください。最初は、抵抗があるかもしれませんが慣れてくると、負担も少なくなり健康的な体を維持する手助けをしてくれると思います。

鼻呼吸とハーブ

鼻呼吸をしようとしても、鼻のつまりが悪くうまく鼻で呼吸ができない事があります。そんな時は、鼻で呼吸をしやすい環境を作る事が大切です。特にペパーミントの香りは、鼻が詰まって息がしにくい時にはおすすめです。ミントで爽やかな香りを楽しんでみるのはいかがでしょう。

鼻呼吸で健康的な体が手に入りますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です