Health

体が苦味を欲する理由とチコリコーヒー

ふと苦いものを美味しく感じる瞬間はありませんか?日によって味覚が変わるのは少し不思議な気もしますが、人間の体は生態機能を維持するためにその時必要な成分を美味しく感じる傾向にあります。そんな体が苦味を欲している時には、体はどんな状態になっているのでしょうか。

苦いものを美味しく感じる時

苦味を美味しく感じるのはどのような時でしょうか。例えば、仕事をすごく頑張ったり、肉体を動かした後にビールを飲むと美味しく感じることはありませんか?普段は苦いはずのビールが、スッと体に入るような気持ちになるのは、肉体的な疲れとストレスが深く関わっています。ストレスを強く感じる時は、味覚の受容体が苦味を感じにくくなり、苦味を美味しく感じやすいと言われています。

また、中医学の五味の考え方では、苦味は心と対応していて、血流を司っていると言われています。ストレスが溜まったり、体の血流が滞る時は、肝臓などの臓器に不調が現れ苦味を必要とすると考えられてきたため、これらの不調が現れると苦味を美味しく感じると言われています。

心と体が疲れた時に飲みたいチコリコーヒー

心や体が疲れた時は、ビールやコーヒーが飲みたいと思う人も多いかもしれませんが、アルコールやカフェインに気を使っている人にとって、これらを避けたい時があると思います。そんな時に、ノンカフェインのチコリコーヒーを試してみてはいかがでしょう。ほんのり甘い香りが漂うチコリコーヒーは苦味と香りがうまくまとまった美味しい飲み物です。心と体が疲れた時には、苦味よりも香りと甘味が優ってより美味しく感じると思いますよ。もし、苦いものを飲みたいと思ったら、チコリコーヒーを試してみてください。心の変化が気持ちを良い方向に運んでくれると思います。

美味しいチコリコーヒーの楽しみ方

今までにチコリコーヒーを飲んで美味しくないと感じた経験がある方は、もしかしたら入れ方が間違っているかもしれません。ほんのりとした香りを楽しみたい人は、フレンチプレスにチコリをティーメジャースプーン2〜3杯ほど加え、熱湯を注いだあと3分ほど待って飲んでみてください。すっきりとした苦味に中にも、甘さとかおりが広がるチコリの味を楽しんでいただけると思います。

さらに、深い味と香りを楽しみたい方は細かく挽いたチコリをコーヒーのようにドリップ式で入れるのがおすすめです。また、ドリップ式で入れたチコリコーヒーと同量のホットミルクを加えれば、チコリラテを作ることもできます。チコリラテは、ミルクの美味しさをより引き立ててくれるので、とてもおすすめの飲み方ですよ。

チコリが心と体に良い時間を運んでくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です