Health

口腔内環境と免疫力の関わり

『手術の前に虫歯の治療をしておいてくださいね。』と病院で言われた経験はありませんか?どうしてそんなことを言われるのか疑問に感じてしまうかもしれませんが、実は口腔内環境と手術後に低下する免疫力にはとても密接な関係があるんです。

口腔内環境と免疫力

免疫力という言葉をご存知でしょうか。免疫力とは、体に入ってくる異物から自分を守る防御反応です。そんな免疫力は、手術中や手術後に体力が落ちる事で低下しやすくなってしまいます。そうなると、口の中に存在する細菌たちが、肺に侵入しやすくなり、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまう可能性があるんです。

また、全身麻酔の最中に差し歯や虫歯がある場合、歯が抜けたり、歯が尖っている事でチューブを傷つけてしまう事があります。そんな、リスクを回避する為に口腔内環境を整えることはとても重要です。

手術後だけではない口腔内環境と免疫の関わり

実は、普段から口腔内環境を整えておくことは免疫力を維持することにつながります。歯周病や虫歯などの因子が加わると、口腔内はそれらの細菌によって口腔内のバランスが崩れ、炎症を起こしたり、他の細菌を呼び寄せやすくなってしまいます。そうなると、免疫力も低下しやすくなり、入ってきた異物と闘う防御機能が崩れてしまいます。そうなると、インフルエンザなどのウイルスも侵入しやすくなり、体は病原体に弱くなります。

ただの虫歯だと思って放置する事が、体に不調を呼び寄せやすくなってしまうんです。そんなことにならない為に、日々口腔内環境の維持を心がけると健康な生活を手に入れる事ができますよ。

口腔内環境とハーブティー

飲み物と口腔内環境は密接な関係があります。口腔内の細菌は、乾燥状態が長くなると繁殖しやすくなります。その為、適度な潤いを口腔内に与える事が重要です。特に、抗菌作用のあるお茶やハーブは水分補給の際にぴったりです。緑茶もいいですが、セージやカモミール、タイムにクローブなどのハーブをブレンドして飲むハーブティーは、そんな時にぴったりです。

口腔内環境を整える事で元気な生活が続きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です