Health

習慣づける事で整う睡眠

なかかな寝付けずストレスが溜まったり、朝起きても体がだるく疲れが取れていないと言った睡眠に関する悩みを持っていませんか?確かにストレスも睡眠の質に大きく関わりますが、良い睡眠をとるための習慣をつける事で、この睡眠ストレスから逃れる事ができます。

良い睡眠とは

長く眠る事ができれば、良い睡眠になると思う方もいるかもしれませんが、睡眠とは量よりも質に依存する事が多いです。年齢や、体調によっても必要な睡眠時間は異なるので、何時間寝たから大丈夫と思うより、自分が楽に過ごせる睡眠を取る事が大切です。そんな良い睡眠方法を探す為には、自分の状態と向き合う事が大切です。もし、眠る時に無理な体勢を取っていたり、体に合わない寝具を使っている場合は見直してみると、短くても良い睡眠を取る事ができる事がありますよ。

気持ちの良い睡眠をとる習慣

良い睡眠をとるには、睡眠の前後や睡眠中だけ気をつけてもさほど効果はありません。1日を通して自律神経が整うような習慣をつける事が質の高い睡眠を取る事につながります。例えば、朝起きた時にすぐに日光を浴びる習慣をつける事で、メラトニンという物質の分泌が弱まり、目覚めがよくなります。このメラトニンの分泌が弱まる事で、他の生体内ホルモンが活発になり、自律神経のバランスが整いやすくなります。さらに、日中仕事をして目が疲れたら、目を閉じて目を休める事も、ホルモンバランスを整える為には大切です。このように、生活リズムの中にホルモンバランスを整える習慣をつけて、日々の生活にリズムを作っていくと、自ずと睡眠の質も高まり、夜眠りにつく事も簡単になっていきます。簡単な事ですが、睡眠に不安がある方は、そんな習慣を作っていくのがおすすめですよ。

睡眠とハーブティー

入眠が困難でストレスが溜まっている方は、夜寝る少し前にハーブティーを飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。カモミールのハーブティー は甘い香りで、気持ちを落ち着けてくれますよ。もし、ブレンドを試してみたい方は、カモミールにレモングラスやパッションフラワーを加えてるのがおすすめですよ。少し、癖はありますが寝る前にはぴったりのブレンドです。

生活のリズムが良い睡眠を運んでくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です