HealthHerbal Tea

春に起こる花粉症性皮膚炎

春になって急に顔に炎症ができたり、目や鼻の周りが痒くなって驚いた経験はありませんか?何か特別な事をしたわけではないのに、顔の一部が腫れたり赤くなったりするので、不安に思う方も多いと思います。そんな皮膚の赤みや痒みは春の花粉による花粉症性皮膚炎かもしれません。

花粉性皮膚炎とは

花粉の時期になるとくしゃみや鼻水が止まらず辛い思いをしている方は多いですよね。でも、そんな花粉が皮膚の炎症を起こす事を知っている人は少ないのではないでしょうか。花粉が体内に過剰に入り込むと、その花粉に免疫機能が反応しヒスタミンなどの生体内物質が生成され、鼻水やくしゃみ、目の痒みなどを誘発します。

本来肌や皮膚の内には花粉は到達しないのですが、乾燥やストレスによって皮膚のバリア機能が崩れてくると、花粉は肌の隙間から侵入してしまいます。この花粉がアレルギー反応を引き起こして炎症が起こる原因です。

特に、目や鼻の周り、そして額など比較的皮膚の薄くバリア機能が崩れやすい部位が赤くなったり、腫れを伴う痒みを持ったりします。

なぜか、急に顔の一部が炎症し始めた人は、疲れが溜まっていて花粉などに影響を受けやすくなっているかもしれませんよ。

花粉症性皮膚炎の対処

花粉症性の皮膚炎になった時、その原因が分からないとストレスが溜まってしまいます。このストレスが、免疫機能をさらに崩して炎症を悪化させてしまう事があります。そうならないためにも、花粉で炎症が起こっている事を知り、ストレスをためないのが重要です。また、肌のバリア機能が崩れないように、常に保湿を心がけるのも効果的です。それでも、状態が改善しない時は医療機関を受診してみてください。

炎症も、体の機能がうまく働くようになれば改善する可能性が高くなりますよ。

花粉症性皮膚炎とハーブティー

そんな時に飲みたいのは、リコリスにネトル、ローズヒップを加えさらにカレンデュラ を足したハーブティーです。カレンデュラの花の香りと、リコリスの甘みが広がる素敵なハーブティー になると思います。

綺麗な肌で不安のない生活が送れますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です