Health

元気と思う気持ちが運ぶもの

いつも自分のことを元気だと思えますか?自分が元気たど思う事って実は意外と難しいですよね。健康を害した時や、辛い時は、その状況を考えて不安になるのに、元気な時はその状態を普通だと思って何も考えない事が多いと思います。そんな、忘れがちな元気な時間を自分で理解すると、健康でいられる時間が増えますよ。

人は不安を抱えるもの

人は何かしら不安な部分があると、深くその事を考えて悪い方向に自分を導きがちです。特に、体の不調やいつもと違う変化が体に起こると、その状況を解決しようとWeb上で色々な情報を検索してしまいます。しかし、Web上には不安を助長するような文言が多く存在していて、見終わる頃にはより不安な状態になっている事が多いです。

そのまま医療機関を受診し不安の原因を特定できればいいですが、もし原因が分からず不安だけが残った場合、その不安を解決することができなくなります。そうすると、本当は健康なのに自分で自分を不健康な方向に持っていってしまう事があるんです。

健康と思う事が大切な理由

自分が健康だと思うことは、自分自身を守るのにとても役立ちます。人はストレスや不安を抱えやすいですが、そんなストレスは体を不健康な方向に導きます。健康だと思う事が、自分に自信を生み、アドレナリンを出しやすくします。そうすると体の免疫機能は自分自身の自然治癒の力を最大限に発揮してくれるので、不安や不健康と思っている時に比べて、健康をより維持しやすくなります。最初は、不安を解決する事も重要なので、医療従事者に疑問に思うことを聞く事もお勧めです。きっと自分の状態を理解すると、健康だと思いやすくなりますよ。

ただし、健康に思う事と我慢は違います。本当に体調が悪い時は、医療機関を受診してください。その原因をしっかり特定する事も健康に過ごす上で大切ですよ。

健康を維持したいときのハーブティー

自分が健康を維持したいとき、体に足りないと感じるものを摂取する事が健康を維持する手助けをしてくれます。そんな時は、ルイボスにローストマテ、フェンネル、マルベリー、エルダーフラワーを加えたものがお勧めですよ、クセも少なくほんのり甘く感じるため、毎日飲んでも飽きることはないと思います。

健康と感じる自分を維持できますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です