Tea

体を暖かく保つ効果

体が冷えた時、ゾクゾクするような悪寒を感じた経験はありませんか?そんな悪寒を感じるのは、脳がもっと体温をあげようとしている証拠です。脳が必要としている体温まで体は上昇していないと、寒さとして体に現れてきます。そんな悪寒を感じないためにも、日頃から体を温めておくことは重要です。

体温と悪寒

体にウイルスや細菌が侵入してくると、体は体温を上げ異物を倒そうとします。その過程で、筋肉を収縮させて熱を作り出すため、体を震わせます。その震えが風邪になると起こるゾクゾクの原因です。

これらは、ウイルスや細菌から体を守るのに必要な過程ですが、このような状況に陥っているということは体の機能は無理を強いられています。そんな、緊急状態になる前に免疫機能を働かせるには体を暖かく保つ事が大切です。

体を暖かく保つ効果

体を暖かく保つと、まず体の免疫機能を働きやすくする事ができます。そうすると、体調を崩す前に細菌やウイルスから体を守る事ができます。

さらに暖かい体は、自律神経を整える事にも役立ちます。寒さはストレスを生みやすいので、気持ちいいと感じるくらいの暖かさを保つ事が健康を維持する事につながります。

体を暖かく保つ方法

そんな体を暖かく保つ為には、体の表面ばかりを温めても仕方ありません。重要なのは、首やお腹、骨盤付近を重点的に温める事です。そうする事で、免疫機能は維持しやすくしてくれます。さらに小まめな水分補給が、体を温める事につながります。ゆっくりと、暖かい飲み物を飲んで体が温まる時間を作ってみてください。そうする事で、体は健康を保ってくれるようになりますよ。

暖かい体を作るハーブティー

暖かい体を作りたい時は、ジンジャーやシナモン、エルダーフラワーにサフラワー を加えたハーブティーを飲んでみてはいかがでしょうか。甘みを加えたい時は、ステビアを入れても飲みやすいと思いますよ。

暖かいハーブティーで健康な日が続きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です