Health

ビタミンCが肌にいい理由

ビタミンCは肌にいいからたくさん摂った方が良いとよく言われますよね。しかし、どうしてビタミンCを摂ると肌に良いのでしょうか?そもそもビタミンCとはどのようなもので、どんな事を体にしてくれているのか知らない方が多いと思います。

ビタミンCとは

ビタミンについては以前触れた事があったと思いますが、ビタミンCはその中の水に溶けやすい水溶性のビタミンの一種で、摂る量が少なければどんどん体の中から出て行ってしまいます。

化学的にはL-アスコルビン酸と呼ばれるので、この名前で知っている方もいるのではないでしょうか。ビタミンCは体の中でいろいろな働きをしていて、ストレスへの耐性をつけたり、鉄を吸収しやすくしたりと体を守る上でとても重要な補酵素です。脂質の酸化も抑えるので、体が有害な物質から攻撃されてしまうと言ったことを防いでくれる体にとって必要な成分です。

肌にいいビタミンC

そんなビタミンCは特に肌にいい物質として知られていますが、その理由は体の中で、細胞と細胞をくっつける働きをしているコラーゲンの合成に関わっているためです。この事を聞くと、何となく肌に良いんだなと思う事ができますよね。

コラーゲンは、皮膚の真皮にある細胞から作り出され、肌の弾力を守ったりしてくれます。肌だけではなく、骨や血管など体を構成するものに使われるので、健康で綺麗な体を作るのに必須です。

ビタミンCが減ると、コラーゲンが減り血管がもろくなる事で出血すると言った壊血病になることから、人体とコラーゲンがいかに重要かわかりますよね。

ビタミンCを摂るといい理由

そんなビタミンCを摂るといい理由は、肌や血管、骨を守るためだけでなく、体を老化から守ってくれます。糖質や脂質を多く摂ると、酸化や糖化が起こりやすくなり、体は老化してしまいます、そんな状態から体を守るためには、コラーゲンの生成を促し、ハリのあるきめ細やかな肌を維持する必要があるんです。そのためにビタミンCはとても重要な役割を担っているので、積極的にビタミンCを摂ると肌にいいという事ができます。

ビタミンCとハーブティー

そんなビタミンCを効率的にとるのにハーブはおすすめです。ローズヒップやハイビスカスと一緒に、エルダーフラワーやマルベリー、ヒースなどを加えたハーブティーを作って飲んでみてはいかがでしょう。ローズヒップはビタミンCの爆弾と言われるほどビタミンCを含んでいるハーブですよ。

ハーブで綺麗な時間が増えますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です