Tea

効果的にハーブティーを飲む方法

ハーブティーが体に良さそうと思っても、それがどんなものかわからないと飲むことをためらってしまう事ってありますよね。そんなハーブティーを効果的に飲むためには、ハーブについて良く知る事がおすすめです。特にハーブの良さやオシャレさを好きになると生活がより豊かなものなりますよ。

ハーブティーとは

では、ハーブティーとはどのようなものでしょうか。

ハーブティーは、ティーと名前はつきますがチャノキから作られる純粋なティーとは明確に分けられていて、チャノキ以外の植物の植物の葉や、根、花などをお湯に浸して飲む飲み物の総称です。ハーブの歴史は、古代エジプトや中国の時代まで遡り、何千年も前から薬や飲み物として使われてきました。それぞれのハーブは、香りや色、味が異なり、組み合わせによってはとてもお洒落に美味しく飲む事さえできます。

ハーブを知る事で生まれるもの

ハーブは、世界各国さまざまな地域で独自の進化を遂げてきました。日本では、薬草や漢方といった言葉の中にもハーブとしての意味合いが含まれる事があります。

ハーブは歴史の中で治療に用いられ、そんな医療の発展の中で植物やハーブの中から、成分が取り出され現在の薬の多くが作られるようになりました。そんな歴史を知っていると、ハーブがいかに今の医療の根底にあるか知る事ができますよね。

現在の医療にハーブが大きく貢献していたことを知ると、なんとなくハーブティーが体にいい理由もわかります。

ハーブが心と体にもたらすもの

では、そんなハーブを効果的に飲むためには、どうしたらいいのでしょうか。それは、それぞれのハーブの特徴を少しづつでも知って飲むことです。少し難しいかもしれませんが、ハーブティーはその中に多くの体にいい成分を持っています。例えば、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールにフラボノイドなどそれぞれの植物が特有の成分を持っています。それぞれの成分は、胃が痛い時、喉に違和感がある時など、そんな状態を改善する手助けをしてくれます。もしできたら、どうして、その植物が体を守ってくれるのか理由を知ってみてください。そうするとより効果的にハーブティーを飲む事ができますよ。

効果的なハーブティーの飲み方

ハーブには、それぞれの植物の特徴があります。葉を使うものであったり、根を使うものであったりと、その使用する部位にも違いがあるので、それぞれにあった飲み方をするのがおすすめです。

例えば、葉を使うハーブであれば熱湯を注いですぐに成分が出てきますが、根を使うものだと時間がかかる場合があります。そんな時は、抽出時間を変えてみたり、煮出してみたりとそれぞれにあった飲み方をするといいですよ。また、香りが強いものは、その香りも楽しみながら飲むとより効果的にハーブティーを楽しむ事ができます。

もし、自分が飲んでいるハーブティーについて疑問に思う事があったらハーブを購入した場所で聞いてみてください。きっと何倍もハーブティーを楽しむ事ができるようになると思います。

ハーブを知る事で健康な毎日が続きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です