Tea

ビタミンの役割とその効果

ビタミンという言葉を聞いた事がありますか?おそらく多くの方が「はい」と答えると思います。しかし、ビタミンがどのようなものか知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。特に冬はストレスや疲れでビタミンCが不足しやすい季節、そんな冬にビタミンCを積極的に摂ると冬を元気に乗り越えられるようになります。

ビタミンとは

ビタミンとは、簡単にいうと体を健康に保つために必要な微量栄養素です。どのビタミンも人の体の中で十分に合成することはできないので、不足すると体を健康に保つ事が困難になります。数多くのビタミンが発見されていますが、よく知られているのは、ビタミンA、D、E、Kなどの体に蓄積しやすい脂溶性のビタミンと、ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性の成分に分けられます。

ビタミンの役割

ビタミンは糖質やタンパク質、脂質のような三大栄養素とは違い、それ自体がエネルギーとして働くわけではありませんが、エネルギーを作り出すために必要な酵素を動かすための補酵素として使われます。

また、ビタミンは、そんなエネルギーを作り出す手助けをするだけでなく、体の中のホルモンを作る時に必要になったり、骨や血液内の成分を作る時に使われるなど体を維持するためにとても重要な役割を担っています。もし、ビタミンの量が足りなくなると、様々な不調が現れやすいので、バランスよくビタミンを摂るよう心がける事が重要です。

体に必要なビタミンはごく微量ですが、体内で作ることはできないので毎日少しづつ摂るよう心がけてみてください。

ビタミンとハーブティー

ビタミンには多くの種類があり、食事の中で摂取できるビタミンは限られています。特に偏食気味の人にとってバランスよくビタミンを摂る事ができない場合があります。そんなとき、ハーブティーはビタミンを効率よく摂取するのに向いています。特にビタミンCやB群などの水溶性ビタミンは、ハーブティーで効率的に摂る事ができます。水溶性のビタミンは、体から排出されやすいので、毎日の飲み物にハーブティーを加えると、体調が安定するかもしれませんよ。

特に、ローズヒップとハイビスカスはビタミンCを摂るのにオススメのハーブです。マルベリーやエルダーフラワーとも相性がいいのでブレンドしてみるのもいいですよ。

バランスの取れた食事とハーブが体調を安定させてくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です