HealthHerbal Tea

体の芯が冷える時に飲みたい冬のハーブティー

寒さが厳しくなる冬、そんな時は体の芯が冷えて、凍えてしまうといった状態に悩まされることってありませんか?そんな冬でも同じ気温なのに寒く感じる日と、そうでない日があるのを不思議に思うことってありますよね。では、冷えとはどのようなものでどのような時に感じるものなのでしょう。

冷えとは

そもそも冷えとは、体が熱を生み出せなかったり、その熱が全身に循環しない場合に起こる事が多いです。特に、代謝と熱の生成の間にはとても深い関係があり、代謝が落ちている人は熱を作り出しにくくなっています。つまり、筋肉の量が落ちたり、体に必要なエネルギーを作り出すビタミンなどが不足しても冷えの症状が現れてしまうんです。

また、ホルモンバランスの乱れなどによって血流が滞ると、いくら熱を生成していても熱が体に行き渡らず冷えの症状が現れてしまいます。

冷えを改善する方法

そんな冷えの症状を軽減するために重要なのは、エネルギーの生成を促して代謝を良くすることです。体は、あまり動かない期間が長いと、エネルギーの生産自体も制限してしまいます。すると筋肉量も減少し、代謝が落ちてしまいます。そうすると熱を生み出しにくい体ができて、体の芯の冷えに繋がってしまうので、なるべく体を動かす時間を作るのがおすすめです。また、せっかく熱を作り出しても、熱が体を循環しないと意味がないので、血流を良くする生活を心がけるといいですよ。例えば、水分を多く摂る事も体の循環と排泄を促しやすいので、水分を多くとって巡りを良くするのも重要です。

体の冷えとハーブティー

そんな冷えが気になる時、ハーブティーはとても役立つ存在です。冷えている時の水分摂取は、なるべく暖かいものを取るといいので、暖かいハーブティーは寒い冬にぴったりです。特に、ジンジャーやシナモンで体を温め、ハイビスカスやローズヒップでビタミン Cをとれば、冷えている体に優しいハーブティーを楽しむ事ができます。

冷えた体が温まる素敵な冬になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です