precious time

夏の終わりの寂しさを和らげる方法

四季のある環境にいると、季節の変わり目というのはいつもと少し違った感情や体調になりやすいですよね。特に夏の終わりは、なんだか寂しい気持ちになりませんか?ひぐらしの鳴く声や、赤く染まる夕日を見ていると、これから秋が始まるわくわくというよりは夏の終わる喪失感に囚われてしまいます。そんな寂しさを和らげる方法を知っていたら、もっと季節の変わり目を楽しめるかもしれません。

夏の終わりを寂しく感じる理由

夏の終わりを寂しく感じるのは、夏の日照時間の長さと太陽の明るさから活発に過ごす事が多く、夏休みという長い休みが終わる喪失感を私たちが感じるからではないでしょうか。特に、夏の終わり頃になると急に日の入りが早くなり、なんだかもの寂しい気持ちになります。楽しかった思い出が頭の中をめぐり、その楽しさを思い出すと、より寂しく感じますよね。本当は、秋も冬も楽しい事がたくさん待っているはずなのに、過去を回想して、儚い気持ちになってしまいます。暖かい季節から寒い季節への移り変わりも、私たちの負の感情を誘発する原因になっていると思います。

夏の終わりの寂しさを和らげる方法

さて、そんな夏の終わりの寂しさを和らげるためにはどうしたらいいのでしょう。夏を寂しく感じるのは、その喪失感と過去に対する回想に囚われてしまっている事が原因です。この感情は、ハレの日とケの日に似ていて、お祭りや楽しい事が終わってしまって、日常が始まる時の感覚と似ています。今まで出ていたアドレナリンが減り、少し気持ちが日常に近づくことにより、マイナスになってしまう。そんなとき、私たちにできるのは次の楽しいことを見つける事です。その目標が定まれば、後ろ向きの回想が前向きになり、夏の寂しさも風情として楽しむ事が出来るようになります。

夏の終わりの寂しさ和らげるティータイム

夏の終わりは、その寂しさに感傷的になるのではなく、その風情を楽しむ事が大切です。そのためには、気持ちを高めてくれる、ローズマリーやマテなどのハーブを飲んでみてはいかがでしょう。ここに甘い香りのカルダモンを加えると特別な夏の終わりのハーブティーを楽しむ事ができますよ。きっと香りも味も特別なハーブティーが夏の終わりを楽しくしてくれると思います。

寂しい気持ちが楽しさに変わりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です