Herbal Tea

ハーブをより楽しくするシングルハーブという言葉

シングルハーブという言葉を聞いたことがありますか?ハーブを買いに行くと、よく耳にするシングルハーブという言葉。そんなシングルハーブにはどんな魅力があるのでしょうか。

シングルハーブとは

ハーブティーを買いに行くとブレンドハーブとシングルハーブと記載されていることがありますよね。シングルハーブという言葉は、簡単にいうとブレンドされていない1種類のハーブ単体を指します。一方でブレンドハーブは、何種類かのハーブを調合して味や成分を整えて作られています。

例えば、シングルハーブを指す場合、カモミールだけをシングルハーブといい他のハーブと混ぜたものをブレンドハーブと呼んでいます。

そんなシングルハーブはブレンドせず一種類でも十分な味と香りを楽しむことができるんです。さらに、ふとした不調を感じた時、シングルハーブは自分で選んで飲むことができるので手軽に楽しむことができますよ。

また、シングルハーブをいつものブレンドに少し足して飲むと味や香りが違う自分だけのオリジナルブレンドを作ることもできるので、いろんなシングルハーブを持っているとハーブがより好きになると思います。

シングルハーブの楽しみ方

シングルハーブを楽しむためには、ハーブ選びがとても重要です。ハーブの中には独特の風味や香りがあるものがあるので、最初は癖が少なく、香りがいいものを選ぶのがおすすめです。

また、味に関してもほとんどないものもあるので、お店に行った際にハーブの特徴を聞き、味とコクのあるのもを選んでみるといいですよ。特にリーフ系のハーブは味も香りも程よく効いているいるものが多いので、初めて選ぶ時にはおすすめです。タネや果実を使ったハーブも、潰すなどの工夫をすると甘さと香りの広がるハーブティーを楽しむことができます。

入れ方は、ティーメジャースプーン1杯に90〜98℃の熱湯200〜300mlのお湯を加え3分〜5分抽出することを目安にしてみてください。味が強く感じる場合は抽出時間を短くすればスッキリと楽しむことができます。

シングルハーブに向いているハーブ

特にシングルハーブとして美味しく飲んでいただけるのは、香りが豊かで甘みもあるレモンバーベナやレモングラス、レモンマートルにペパーミントなどのリーフ系ハーブです。ローズマリーも、気持ちをスッキリさせたい時にはとても美味しく飲んでいただけます。シングルハーブは、ハーブとしての香りや味を強く感じたい時にはおすすめです。ローズペタルやエルダーフラワー、ラベンダーで入れるハーブティーもすごく素敵な香りで癒されると思います。

シングルハーブの美味しさでハーブの時間に広がりが産まれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です