Herbal Tea

鉄欠乏貧血と女性に優しいハーブティー

なんだか体がだるくて、疲れがたまりやすくなっていることってありませんか?普通に生活しているはずなのにふらふらしてしまったり、急に何も考えられなくなってしまうなどの症状があると、生活に支障をきたしてしまいますよね。そんなとき、もしかしたら体は貧血の状態に陥っているかもしれません。

鉄欠乏性貧血

さて、貧血といってもいくつかの種類に分類されますが、一番多いのが鉄欠乏性の貧血です。その割合は80〜90%と言われています。鉄欠乏性の貧血は、名前から分かるように血液に含まれる鉄が不足することで、体内のヘモグロビンが生成されにくくなる状態です。そんなヘモグロビンが減ると、私たちの体は赤血球を作るのが難しくなり、不完全な赤血球が増えてしまいます。

赤血球が減ると体内に循環する酸素が減って、疲れや疲労感がたまりやすくなります。そうなると、体は息切れなどを起こしやすくなり、日常生活にも支障をきたすこともあります。

鉄欠乏性貧血の原因

そんな鉄欠乏性貧血の原因はいくつかありますが、特に女性は鉄自体が不足しがちです。さらに貧血は徐々に進行することで貧血になっていることを自覚しないことがあるので、ふらつきやめまいなどの症状がある場合は定期的に検査を受けてみてください。男性もストレスや傷などで出血に気づかず知らないうちに貧血になっている場合もあるので注意が必要です。

また、偏食や不規則な食事も鉄の不足を招くことがあります。妊娠や授乳なども貧血の原因となるので、日々の生活で鉄が不足しないような生活を心がけてみてください。

鉄欠乏性貧血の時にできること

出血がひどく、症状も重い場合は医療機関への受診をおすすめしますが、日々の生活でも貧血の時にできることはあります。特に食事は、貧血の場合にはとても重要です。現代社会では、食事が不規則で偏食しがちですが、食事をバランスよく摂ることで私たちの体は赤血球を作りやすくなります。

特に、ビタミンや動物性のタンパク質をバランスよく摂ると赤血球を作る手助けをしてくれるので、食事はバランスよく摂ってください。毎日のバランスを整えにくい方は、1週間単位で、食生活のバランスを考えるのがおすすめですよ。

鉄分の多い食事とビタミンC、ビタミン12や葉酸などを合わせて摂ると、血液を作りやすくなるので、レバーや魚介、納豆にほうれん草などをバランスよく食べてみてください。

役に立つハーブティー

なかなか毎日の食事を考えて作れない方は、ハーブティーを飲むのがおすすめです。クロロフィルや鉄分などのミネラルが豊富なネトルとビタミン類の多いローズヒップはそんな時におすすめです。もし飲みにくく感じる方は、ルイボスやペパーミントを加えると美味しく飲むことができます。

体が元気で活発に動ける日が増えますように


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です