Health

体内時計が崩れる時に感じる冷えと自律神経

気候はどんどん暖かくなってきているのに、体が冷えて温まらないと感じる事はありませんか?そんなときは体が重く感じてしまったり、昼間に急激な眠気に襲われてしまう事があります。それは、体のリズムが崩れてしまう事によって起こっているかもしれません。

概日リズムと体調の変化

概日リズム(サーカディアンリズム)という言葉を聞いた事がありますか?なんだか難しい言葉なので、わかりにくいかもしれませんが、簡単にいうと1日の中の体内時計のようなものです。体内時計は、私たちの睡眠や、体温、ホルモンバランスや自律神経とすごく密接に関係しています。

夜になると眠たくなったり、昼間に活発になったりするのはこの働きによるものです。体温も本来は、朝低くて、昼間から夜にかけて上がってくるので、活動が活発な時期は、体温が上がって夜から朝にかけて低くなるようになっています。

しかし、現代はこのリズムが狂いやすく、体温の調節がうまくいかない事で体の冷えが続いてしまったり、体が重いと感じる方が増えています。

気候の変化と自律神経

気候の変化が激しい季節、寒くなると私たちの体は自律神経が体を調節して体温を外に逃がさないようにします。逆に暖かい日は、熱を外に出して体が熱くなりすぎないようにするのですが、現代はエアコンや暖房器具が発達したことによって、温度の変化を感じる機会が減ってしまっています。

すると、自律神経の調整がうまくいかず、体のリズムもおかしくなってしまいます。このリズムが狂う事で、昼間に眠くなったり、体が重くなったりしやすくなります。

体の状態を整える方法

そんな狂ってしまった体内時計を調整するためには、なるべく外に出で動く時間を増やす事が重要です。季節の変わり目は、寒い日や暑い日が交互に来る事によって、体調を崩しやすくなりますが、寒さと暖かさに少しづつ慣れることによって、体のリズムが整いやすくなります。

よく、規則正しい生活が大切だと言われる事がありますが、体のリズムが整うと自律神経も整って調子が良くなる事が多いです。暖かい日は、日の光を浴びに外に出るのも効果的ですよ。

リズムを作るハーブティー

とは言っても、体調を整える前に寒さで体調を崩してしまっては意味がありませんよね。そんなときは、ジンジャーやシナモン、エルダーフラワーのハーブティーでリズムを整える準備をしてはいかがでしょうか。シナモンの香りとジンジャーがポカポカが広がる時間を運んでくれると思います。

体のリズムが整って冷えとだるさから解放されますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です