Health

気づかない間に陥る燃え尽き症候群

気づかない間に、目標や目的を失ってはいませんか?自分が追い求めていた物や、理想に終わりが見えてしまったとき、私たちは知らない間に大きな虚無感に包まれる事があります。嫌なことやストレスは無いはずなのに、体が重いと感じている方、もしかしたら燃え尽き症候群になっているかもしれません。

燃え尽き症候群とは

燃え尽き症候群とは、簡単に言うと頑張るための精神的エネルギーがなくなってしまった状態です。言葉にすると簡単ですが、その状態はもっと複雑でうつの一種とされることもあります。日本では、目標に向かって頑張ってきたきた人が、急にその目標を失う事によって、気力を失い何もやる気が起きなくなる状態とされる事が多いです。

英語圏では、燃え尽き症候群をバーンアウトといい、仕事や人生において絶え間なく続くストレスが精神的エネルギーを枯渇させてしまい、仕事におけるやりがいや、目的を失い感情が薄くなってくる状態とも言われています。

燃え尽き症候群を回避する方法

燃え尽き症候群を回避するために一番重要な事は、終わりのある目標に向かって頑張りすぎない事です。自分の人格にとって重要な目標に終わりがあったり、終わりが見えるものにするのは危険です。もしその終わりが見えてしまった時、きっと次の目標を持つほどの、エネルギーが残されていない事が多いです。

もし目標を設定するのであれば、その次も視野に入れた長い目標を立ててみてください。そして、一つの目標だけに献身的になるのは避けてくださいね。ゆっくり、余裕を持って進めてみてください。目標をいくつか作るのもおすすめですよ。

そして、忙しい仕事を効率化しようとしすぎて、行動が単調になるのも避けてください。アドレナリンが出にくくなって、自律神経が乱れやすくなります。

燃え尽きる前に自分を知る

もし、仕事や勉強など一つの事に囚われて、家に帰ったり遊んでいてもそればかりを考えてしまう人は注意が必要です。少し気持ちに遊びを作ってみてください。きっと本当にやりたい事は、他にもたくさんあると思います。常に、ワクワクした気持ちとリラックスする気持ちを持てたら、人生は楽しくなると思います。ぜひ、燃え尽きないような楽しいことを探してみてください。やりたく無いことを目標にするとエネルギーがいつか無くなってしまいますよ。

燃え尽きなくなるハーブティー

そんな時は、香ばしいローストマテ、少しスパイシーなフェンネルと、赤が綺麗なサフラワーにスッとするペパーミントを加えたブレンドでやる気を刺激してみてはいかがでしょうか。楽しいことや、やりたい事に向かうエネルギーは枯渇しにくいですよ。そんなやりたいことを、生活に取り入れてみてください、きっと人生が豊かになると思います。

燃え尽きることのない素敵な目標が見つかりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です