Herbal Tea

守りのハーブ、クローブ

ハーブの中には変わった形のものがいくつかあります。クローブもその中の一つで、蕾が釘の形に似ている事からこの名前がつきました。日本でも丁子と呼ばれ、その形に当てられた漢字が使われています。

守りのハーブ、クローブ

クローブは、インドネシアのモルッカ諸島が原産で、熱帯地域で栽培されているフトモモ科のハーブです。開花する前の蕾には、スパイシーな香りがあり、ハーブティーのみでなくスパイスや精油などたくさんの用途で使われています。

伝統的には、健胃薬として使われてきました。精油としても有名で、オイゲノールという成分が含まれているため、殺菌力が強いです。歯医者さんでは、局所麻酔や歯の痛みに使われるので、クローブの香りを嗅ぐと、歯医者さんを思い出す方がいると芋います。

そんなクローブは、昔から守りのハーブとして知られています。きっと、クローブの香りを長く嗅いでいると、その香りの虜になってくると思います。

クローブティーの飲み方

クローブは、クリスマスの近づく冬にぴったりのハーブです。食事の後に飲んでいただいても、スッキリすると思います。そんなクローブは、少し潰してお湯を注ぐのがオススメです。香りが強すぎて気になるかたは、オレンジピールやシナモンとブレンドしてみてはいかがでしょうか。ハチミツを垂らすと、甘みがまして飲みやすくなりますよ。

クローブが冬の時期のお守りになりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です