Nature

色あせない花のある暮らし

花が咲き誇る季節は、とても気持ちが高揚して元気がみなぎるような気がします。その儚さを含めて花の魅力なのかもしれませんが、この花の綺麗さをずっと楽しみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

綺麗な花を保存する

花を綺麗に残す方法はいくつかあります。ドライフラワー、押し花、ブリザードフラワー、ハーバリウムなど方法は様々ですが、花の種類によってはドライフラワーや押し花でとても長い時間色を残してくれるものがあります。大切な人からもらった花、元気をくれた花などを長く手元において、元気をもらえたら。日々の生活がもっと楽しくなるかもしれません。

特にドライフラワーは、色の変化を含めて思い出を閉じ込めることができるとてもいい方法です。

花の色を閉じ込めるコツ

切り花はある時期を超えて水分が残っているとどんどん枯れていきます。この水分を急速に取り除けば、綺麗な色を保つことができます。材料を揃えれば、急速に乾かすことも簡単ですが、家に何もない場合、直射日光が当たらない、湿気の少ない場所で風を当てながら、植物を乾かすだけで、とても綺麗なドライフラワーができますよ。ドライフラワーにも寿命はありますが、保存方法によっては長く楽しむことができます。ぜひ、ドライフラワーはその香りも楽しむことができます。ぜひ色あせない花のある生活を送ってみてください。

色は私たちにたくさんの刺激と思い出をくれます。ぜひ、綺麗な花のある暮らしを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です